「ゆうこりん」が少子化を救う

日本の少子化が進んでいる理由としては、経済的困難から出産を躊躇する人が増えていると指摘されている。それはそうだと思うが、昔はそれでも産んでいたと思いますね。それにはやはり女性のライフスタイルが変化していっているのに、世の男性達がついていけないことで、子育ての負担が女性にかかりすぎているのではないか。実際に育児ノイローゼなどの人達も増えてきていますよね。昔なら親、そのまた親と同居していることが多いため、出産の負担も比較的少なくすんでいましたしね。
日本社会の観念、価値観そのものが少子化に影響しているともいえるようですね。清潔で秩序を重んじ、だらしないことを許さない日本の社会が、女性に「きちん」としているかを問うことが多い。コレに対して、自分があてはまらないと考える人も多く、出産に踏み切れなかったりするのではないでしょうか。
スポンサーサイト

レクサスにも米金融危機が直撃

レクサスの世界販売台数が前年割りになるのが確実になったようですね。レクサスといえば、高級車ブランドとしてトヨタ(TOYOTA)がうちだし、高級車ブランドとして成功したブランドですよね。それはもう皆さんご存知のことでしょう。まずは海外からはじめ、日本にきたのは平成17年8月。アリストの後継車「GS」、ソアラの後継車「SC」、アルテッツァの後継車「IS」などを販売しはじめたのが最初でしたね。そのレクサスの販売方法は、高級車市場への参入でトヨタの収益向上を図った作戦ですよね。戦略が見事成功し、順調に売り上げを伸ばしていったレクサスですが、13年ぶりという前年度割れとなるのが確実になったんですねぇ。まぁ主力販売網の米国市場が伸び悩みしたのが痛いんでしょうね。米では、今はサブプライムローンからの一連の金融危機によって米国経済が落ち込んでいってますからね。こればっかりはトヨタのレクサスも対応のしようがなかったんでしょう。さらに、レクサスいがいのトヨタ車の販売も過去最低といわれるほどになってしまっているようです。ま、それはどこのメーカーでも同じなのではないかと思われますが。米「Automotive News」はレクサスの販売実績について「過去50年で最悪の売れ行き」と表現しているようです。

有名メーカーのゴルフ用品が充実!【ゴルフ屋さん】
パチンコ・セミプロがそっと教える「仕事の合間にお小遣いを5倍に増やす」“13の秘密”

オール電化の住宅への普及率が増加してますね

オール電化・・そう最近かなりはやってきてます。というか住宅見学会とか見に行くと十中八九はオール電化になってますね。ガスって何?状態ですね。家庭用の熱源を電気でまかなっていく、オール電化住宅の普及が今年に入ってさらに一段と加速しているようです。市場調査会社の富士経済が発表した「住宅分野におけるエネルギー市場の調査」によりますと、2008年度の普及戸数が22.6%増の332万6000戸になるんだとか。住宅ローン減税の廃止(来年も続く可能性高いようですが)にあいまってか、住宅購入者が駆け込みで増えている影響もあるでしょうか。既存住宅や集合住宅などにも普及しており、2015年度には800万戸を超えるという予想がなされています。コレに対してガス業界は一丸となって迎撃を図るようですが、何か根本的な構造改革が必要なのかもしれませんね。エコブームですし。オール電化住宅だと、電気による照明や空調に加え、電気調理器具などを使って給湯や調理も行うっていう住宅になります。オール電化住宅は、火を使わないっていうことが、安全性や掃除の手軽さ、環境性や先進性などが人気なんでしょうか、特に高齢者世帯が多い地方での普及が目立っているようです。これから先は、新築市場は落ち込みが見込まれるているようですが、リフォームの需要が増加していくと予想されています。結果、既存住宅の電化比率がどんどんと増加していく傾向になっているようです。

エコウィルの補助金について
住宅ローン減税について
有名メーカーのゴルフ用品が充実!【ゴルフ屋さん】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。