派遣切りの2009年問題勃発

2009年問題と聞くとなにやら、2000年問題のように、PCに異常がでて色々問題が起こる!みたいなことを想像しますが、実は、派遣切りに対しての雇い止め問題のことなんですね。
もうすぐ年度末となりますから、一気に契約期間が切れた派遣社員が大量に失業する可能性がでてきてしまったわけですね。
まぁ企業にしてみりゃ、もう潰れそうなんだからいくら文句言われても切るしか方法がないといったところでしょうか。人件費削減しようと思ったら、リストラ進めるよりも早いですし、それなりに効果があがるというのが派遣切りの実態なのではないでしょうか。
2009年問題ということですが、2010年度もいったいどうなることやら。

APPSローションがトラブル肌に効果的
スポンサーサイト

おくりびと なんと60冠!アカデミー賞、オスカー賞

おくりびとがアカデミー賞を受賞しましたよね。そのアカデミー賞の発表まであわせると圧巻の60冠となったようですね。イヤー本当にすごいですね。
主演の本木雅弘、滝田洋二郎監督、広末涼子などがあちこちで感想のコメントを述べていましたね。しかし、すごいね本当に。
アメリカの新聞報道などでは、今回のアカデミー賞受賞の日本映画が始めてということに、驚きの受賞とばかり書かれています。まぁ、アカデミー賞の候補は、ザクラスと、もういっこ戦争のなんかのアニメみたいなやつでしたから、ビックリしたのはビックリしたんでしょうね。
アメリカではイラク戦争、経済不況などでの疲れから、今回のおくりびとのような癒し系?ともいえる映画が受賞となったんではないでしょうか。

なんでもおくりびとの影響からか、納棺師を希望する人が増えているんですってね。

チェンジリングの・・

さて、最近の面白い映画といえばやっぱりチェンジリングでしょう。ただの感動作のようなイメージですが、これがまた面白いんです。チェンジリングは実は、1928年のアメリカで実際に起こった出来事を映画化したというものなんですね。

あらすじはというと、息子が突然失踪してしまい、警察に捜索を依頼したクリスティン。その彼女のもとに5ヵ月後にようやく息子が戻ってきた。しかし、警察が保護したのは息子ではなく、よく似た別人だった。この子は息子ではないと訴えるが・・警察により精神病扱いされてしまい精神病院へと閉じ込められる。
ここからがこの映画のみどころとなります。
とにかく見る価値ありの映画となっていますよ。

アウトレットマンションなら半額物件も
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。