スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小渕優子が最年少閣僚に!麻生太郎内閣

麻生太郎総裁(自民党)は、衆議院本会議の首相指名選挙で第92代、59人目の首相に選出されることとなりましたね。麻生太郎総裁はただちに組閣に着手していったようです。組閣で名前があがってきたのが、新たに小渕優子衆院議員が少子化担当相として初入閣が内定したようです。これは、37歳で郵政相として初入閣した野田聖子消費者行政担当相を抜いて、戦後では最年少の閣僚となることになった。その小渕優子の経歴をすこし調べてみた。小渕優子は、第84代内閣総理大臣であった小渕恵三の娘となる。成城大学経済学部経営学科を卒業し、東京放送(TBS)に勤めた後で、父の総理大臣就任を期に退社。それから総理大臣私設秘書となることになった。2000年5月に第84代内閣総理大臣でもあった父・小渕恵三が急逝。そのために、同年6月の衆議院議員選挙では群馬県第5区から出馬することとなった。父の威厳があったか、16万票を獲得する圧倒的人気で初当選をかざる。小渕優子は、早稲田大学大学院公共経営研究科専門職学位課程への入学審査で合格が報道された。郵政民営化法案には棄権しており、郵政民営化には反対しているものと見られていた。安倍晋三内閣の組閣で、入閣が噂されたが、人事は実施されず、入閣とはならなかった。しかし、文教政策への取り組みが評価されたうぴで、文部科学大臣政務官に抜擢。福岡中2いじめ自殺事件では遺族や学校関係者から事件の聞き取り調査を自ら行うなどしている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080924-00000035-yom-pol

美人は姿勢で決まる!姿勢とお腹をスッキリ見せる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。