スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オール電化の住宅への普及率が増加してますね

オール電化・・そう最近かなりはやってきてます。というか住宅見学会とか見に行くと十中八九はオール電化になってますね。ガスって何?状態ですね。家庭用の熱源を電気でまかなっていく、オール電化住宅の普及が今年に入ってさらに一段と加速しているようです。市場調査会社の富士経済が発表した「住宅分野におけるエネルギー市場の調査」によりますと、2008年度の普及戸数が22.6%増の332万6000戸になるんだとか。住宅ローン減税の廃止(来年も続く可能性高いようですが)にあいまってか、住宅購入者が駆け込みで増えている影響もあるでしょうか。既存住宅や集合住宅などにも普及しており、2015年度には800万戸を超えるという予想がなされています。コレに対してガス業界は一丸となって迎撃を図るようですが、何か根本的な構造改革が必要なのかもしれませんね。エコブームですし。オール電化住宅だと、電気による照明や空調に加え、電気調理器具などを使って給湯や調理も行うっていう住宅になります。オール電化住宅は、火を使わないっていうことが、安全性や掃除の手軽さ、環境性や先進性などが人気なんでしょうか、特に高齢者世帯が多い地方での普及が目立っているようです。これから先は、新築市場は落ち込みが見込まれるているようですが、リフォームの需要が増加していくと予想されています。結果、既存住宅の電化比率がどんどんと増加していく傾向になっているようです。

エコウィルの補助金について
住宅ローン減税について
有名メーカーのゴルフ用品が充実!【ゴルフ屋さん】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。