スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゆうこりん」が少子化を救う

日本の少子化が進んでいる理由としては、経済的困難から出産を躊躇する人が増えていると指摘されている。それはそうだと思うが、昔はそれでも産んでいたと思いますね。それにはやはり女性のライフスタイルが変化していっているのに、世の男性達がついていけないことで、子育ての負担が女性にかかりすぎているのではないか。実際に育児ノイローゼなどの人達も増えてきていますよね。昔なら親、そのまた親と同居していることが多いため、出産の負担も比較的少なくすんでいましたしね。
日本社会の観念、価値観そのものが少子化に影響しているともいえるようですね。清潔で秩序を重んじ、だらしないことを許さない日本の社会が、女性に「きちん」としているかを問うことが多い。コレに対して、自分があてはまらないと考える人も多く、出産に踏み切れなかったりするのではないでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。