スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷川丸リニューアル後のアールデコ様式の客室

日本郵船が改装工事を行った「氷川丸」が「日本郵船氷川丸」として一般公開されている。

リニューアル後は一般公開されていなかった「一等社交室」や「一等読書室」などを新たに公開されており、「一等ダイニングルーム」、「一等喫煙室」、「特別室」などの客室はアール・デコ様式に改修されている。
戦前は外航貨客船として活躍していた「氷川丸」を再現している。その他には、氷川丸の歴史展示コーナーも設けられている。


開館時間:10時~17時
休館  :月曜(祝日の場合は翌日)
料金  :一般=200円、小中高生=100円(日本郵船歴史博物館の半券持参で無料)。


○氷川丸
1930年に三菱横浜造船所で貨客船として竣工され、北太平洋を238回横断し、延べ約25,000人の乗客を運ぶ。1960年に現役生活を終え「横浜港開港100周年記念事業」の一環として、1961年に山下公園に係留された。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。