スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北乃きい「太陽と海の教室」

進学校として名高い私立高校である、湘南学館に型破りな教師、朔太郎(織田裕二)が赴任してきた。
ある夜、夏を目前にした同校の3年1組の凛久(北乃きい)、灯里(吉高由里子)、洋貴(岡田将生)、八朗(浜田岳)、大和(冨浦智嗣)らが浜辺に集まり、自分達だけの卒業式をしようという話になり、花火を楽しんでいた。
翌朝、凛久と洋貴は学校へ向かう途中に救助を求める声を耳にした。子供が波にさらわれてしまったらしいのだが、すでに誰かが救助を始めていた。荒波にもまれながら子供2人を救出した人物とは・・それがこのドラマ主人公の朔太郎であった。
一方、湘南学館では教師の柴草(八嶋智人)が洋貴らの新担任になるはずの若葉(北川景子)の到着を待っていた・・
続きはドラマで!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。