スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の日といえばカーネーション!だけど一味違います


母の日にはやっぱりこの花しかないです

母の日の定番といえば、やっぱりカーネーションなんじゃないかなって思います。
でも、このカーネーションだってなったのか、皆さん知ってますか?

これが感動の話でして、
「亡き母のために、カーネーションを配ったことがきっかけ」だったんだそうです。

いやー、お母さんのためにと花をおくってあげるのは、
こういう話があったからなんですねぇ。



この母親にカーネーションを贈った少女というのは、
アメリカ人の少女アンナ・ジャービスという人物です。
なんでも、亡き母のために白いカーネーションを配った

ん??
まてよ、今、白いって・・アレ?

と思った人も多いのかもしれませんね。

だって、今や母の日の定番のカーネーションといえば、
やっぱり赤っていうイメージですからね。
なんと、もともとは白のカーネーションだったんですって。
亡き母が大好きだった花が、
白いカーネーションだったんっだって。


このことがきっかけで母の日がきまったんだとか。
この少女の母がなくなった日が、1905年5月9日だったので、
この出来事をきっかけにして、
1914年になって、5月の第2日曜日が母の日に制定されってことらしいです。

今年はカーネーション、しかも白のやつを母に贈って見ようかな。
母もこの話をしっていれば喜んでくれるのかもね。


【母の日ギフト】幸せ特典付きカーネーション鉢植えギフト!ハッピーサプライズカーネーション



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。