スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐ろしい野山のダニ

宮崎市の70歳代の女性が感染症「日本紅斑(こうはん)熱」で死亡したと発表した。
女性は腰と足の指の間に刺された跡があった。厚生労働省によると、日本紅斑熱での死者は全国5例目。

発表によると、女性は7月10、14、15日に市内の山へ夫と散策に行き、7月18日に39度の発熱や発疹が出た為、診療所を受診した。その後、別の病院に入院したが23日に意識不明となり、多臓器不全で25日に死亡した。
女性は、山へ散策へ行った際にダニに刺されたとみられる。

マダニは、一度吸血すると、人間の体から離れないように固定する機能を持っている。マダニは女性の体に吸着したまま血をつい続け、この時に「リケッチア」が体内に侵入を開始。この「リケッチア」が体内で恐るべきスピードで増殖を始め、発熱や、痙攣が起こり、死に至った。
マダニとは共生しているものの、ひとたび人間に感染すると突如として猛威を奮うのです。


=日本紅斑熱 =
・日本紅斑熱リケッチア(Rickettsia japonica)による感染症。
・日本紅斑熱リケッチアを保有するマダニ(キチマダニ、フタトゲチマダニなど)に刺されることで感染。
・刺されてから2~8日頃から頭痛や全身倦怠感、高熱などを伴って発症。刺し口を見つけることは診断の助けとなる。
・高熱とほぼ同時に紅色の斑丘疹が手足など末梢部から求心性に多発。
・人から人への感染はない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。