スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥取・大山で究極の経費削減効果!牛が草刈り?

鳥取県の国立公園・大山の中腹にある上の原スキー場内でで、ゲレンデの草刈りに対する費用を削減するために、牛3頭を放牧して草を食べさせる試みが始まったんですと。

この、牛さんの放牧、どうやって試しているかといいますと、まず四角く初心者用ゲレンデ約0・5ヘクタールを柵で囲み、その柵には触れると弱電流が流れる仕組みなんですって。ちょっと牛さんかわいそうですね。
で、その草の状態を見ながら柵を移動させつつ、11月まで続けていくという。
しかし、3頭だけでそんなに食べるんですか?すいません・・牛さんの食欲については全く知らないので^^;

牛さんは、心地よい高原の風に吹かれて黙々と草を食べているそうです。この実験が成功すれば、かなり経費が削減できそうだという。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。