スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でたっ!金メダル 日本第1号は柔道の内柴正人

日本からようやく金メダルが登場しました。柔道男子66キロ級の内柴正人が決勝でバンジャマン・ダルベレに縦四方固めで一本勝ちをおさめ、金メダルを獲得。
日本人選手の金メダル第1号となった内柴正人選手はまた、日本柔道史上最年長での金メダルという快挙もなしとげたようです。

金メダルを獲得した瞬間、内柴正人選手は、顔を両手で覆い「ヨッシャー」と拳を握り、子供たちに声をかけていました。家族にささえられているんだとわかりますね。

「やっちゃいました。親父の仕事をしっかりやりました。前回は輝が生まれて、妻が来られなかった。何度も辞めたいと思ったけど、妻と子供を北京に連れていくんだと頑張りました。これで少しは恩を返せたかな」と試合後に語った内柴正人選手ですが、実は家族の問題などから、一時は引退を考えていたようです。
しかし、頑張ってきて本当によかったですね。おめでとうございます。

日本勢にもこれではずみが付くのではないでしょうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080810-00000965-san-spo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。