スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内村航平に個人総合で銀メダル・・でもなぜに?

内村航平が北京オリンピックで、91.975点の2位で銀メダルを獲得した。

日本での個人総合からのメダルは、具志堅幸司(ロサンゼルス五輪)以来の24年ぶりで、これがどれほどすばらしい事なのかがわかる。冨田洋之は惜しくも4位となってしまいメダルは獲得できなかったけど、よくがんばていました。

内村航平なんだけど、ゆかでトップ、あん馬で2回落下しときながら、跳馬などの後半3種目で挽回することができ銀メダルとなった。まぁ運もあったのでしょう、あれほどまでに他の選手が失敗しまくるとはダレが予想できたでしょうか。
難度の高い技をやれば加点というのはわかるんですが、ちょっとこの採点方法はよくないんじゃないのかなーと思います。一瞬の芸よりも安定してみれる芸の方が、すばらしいことなんではないでしょうか?

晴菜あい/Hypnotize(DVD) ◆20%OFF!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。